アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「エッセイ」のブログ記事

みんなの「エッセイ」ブログ

タイトル 日 時
眠れない夜には
眠れない夜には 眠れない夜は、本を読むに限ります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/15 23:51
アタマがまくべす
アタマがまくべす 先日。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/06/22 20:19
エリザの気持ち
どっこにも 締め切りなんてありゃしないんですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/30 09:08
久しぶりに
久しぶりに シャンソンを聴いています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/24 07:38
赤いネコ
赤いネコ 独歩の時代、「わずかに残れり」と記された武蔵野。 その名残でも、きれはしでもいいから訪ねてみたいなぁ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/21 18:12
截(き)りだしという時間
いつのまにか 夏をくぎりに季節がめぐっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/10 13:13
「敵こそ、わが友」
「敵こそ、わが友」 表題は、敵の敵は友達、からきています。 マキャベリズム、そのものですね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/18 07:56
こんどはどんぐり
こんどはどんぐり 「いつも、かたちからはいるひとだから」 とは、周囲の声。 否定できないのがつらいけど 目に見えるというのも、暗示として効果大、だし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/18 00:09
久しぶりのドラマ
もともと あまりTVは見ないのですが たまーに  娘の録画したアニメなど 「監督」の名の下に つきあいます。 (といっても、家族はまに受けませんが) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/14 14:39
うわぁん(太文字)と
うわぁん(太文字)と 娘が号泣しながら部屋から出てきました。 いや、まだ試験に落ちたわけではありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/08 09:04
全集
いまさらかもしれないけれど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/13 23:39
つっぱしってます
つっぱしってます とまらない。 いえ、とまれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/10 19:51
訪れ
訪れ 遅まきながら、ことしの年賀状です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/01/04 13:27
独りブレスト
パリ・ブレストというお菓子をご存知ですか。 お菓子の手作り事典によると、リング型にどーんと焼いた、シュークリームの親玉みたいなものだそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/01/01 18:55
暮になると
暮になると ことしは、リースをだすのが すっかり遅くなってしまった。 フックがみつからなくて、出しそびれてたのだが なんと リースといっしょに しまいこんでいたという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/23 22:30
そして、ねずみ・・・
そして、ねずみ・・・ 来年は、子年。 年賀状をはじめ、ねずみカレンダーとか、いろんな企画のお手伝いをする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/12/03 20:26
かくて
さいごの一葉が 落ちていきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/01 07:06
さん、さん・・・
「すゞはらひ」でのおはなしですが・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/17 17:43
「港に着いた黒んぼ」
「港に着いた黒んぼ」 なにもかも 説明しつくさなければ いけないというのでは ないだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/30 07:08
「毛虫」
「毛虫」 いまは昔。 明治学院大学の塀の向こう側から、ランドセルをおっぽり投げ つづいてえっこらさと本体がよじのぼってきて 自主的に 通学コース短縮を図っていたころ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/09/28 09:58
「千鳥と遊ぶ智惠子」
「千鳥と遊ぶ智惠子」 ひとは 詩や絵画に なにを 読みとろうとするのだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/28 08:09
理由
理由 本番の翌日には、編集済みCDを焼いているわたしが、 一ヶ月をすぎても 作業終了していない理由はいたってシンプルだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 13

2007/09/19 20:10
「ミリキタニの猫」
「ミリキタニの猫」 逆境が かならずしも 人を絶望の淵に追い落とさない、と。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 3

2007/09/18 06:22
「秋の日」
「秋の日」 声にだして読んでみると、 つまづいたり、その語句の位置がみえなかったり、 まあなんていうか、相性のようなものを感じることがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/09/09 06:22
「自然に、充分自然に」
「自然に、充分自然に」 誰の書いた本だか、忘れてしまった。 さまざまの詩人の詩を 解説してあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/29 12:58
「八月の願い」
「八月の願い」 なにができるか、ということは そのときどきで かわると思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/29 12:20
おっとっと
最後の音あわせで、ひっくり返った! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/14 07:41
「音楽と詩のソナタ おけさ恋うた」 プログラムのお知らせ
「音楽と詩のソナタ おけさ恋うた」 プログラムのお知らせ いよいよ、「音楽と詩のソナタ おけさ恋うた」の本番まで、秒読み態勢に入ってまいりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/12 07:52
「仮繃帯所にて」
「仮繃帯所にて」 結婚当初  祖父母から何かしてもらうたびに 夫は、「していただいていいの?」と聞きました。 自分にはいなかったから、わからないのだと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/10 07:58
「寧ろ彼らが私のけふの日を歌ふ」
「寧ろ彼らが私のけふの日を歌ふ」 かちかちやまではないけれど 背中で火がはぜている音を耳にしながら この詩を録った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/10 06:58
「水中花」
「水中花」 「わが人に與ふる哀歌」における 伊東静雄の硬質の叙情は その一行に 震撼させられる一面 はげしく排除するようなものを 持っている気がする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/24 06:39
到着!しましたが・・・
到着!しましたが・・・ 予約していたハリポタが到着いたしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/21 21:36
小学校の給食の牛乳 (今日のテーマ)
BlogPet 今日のテーマ 小学校の給食の牛乳 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 11

2007/07/19 08:00
ポスターとお知らせ
ポスターとお知らせ 2007年度 第7回コンサート・コーモドのポスターができました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2007/07/17 08:26
「街のあかり」
台風がくるまえに、と同じことを考えたらしい人びとで 渋谷ユーロスペースは、いつもより混んでいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/07/15 16:24
録った!
録った! 以前、はろがらすの鳴き声を、たしかに聞いたと思ったのですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/07/13 08:53
ランニング・ホームラン
遅ればせながら・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/07/12 08:39
ブックフェア2007
ブックフェア2007 TIBF(第14回東京国際ブックフェア)にいってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/07/06 09:17
「夜の葦」
「夜の葦」 伊東静雄詩集 「夏花」より ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/06/30 07:51
「憑神」
森迫永依ちゃんにひとめぼれした夫と、 早々に観にいきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/06/26 06:11
記憶の訓練
記憶力には、もともと自信ない。 能力というものは、 たいがい周囲との対比で推し測られるので 神経衰弱不敗を誇る妹と比較されつつ長じれば おのづ 身の程を わきまえる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/25 07:15
いとしきひと
遠くのできことが 引き金になって 奥底の殿(おり)を かきたてることが ある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/06/23 09:09
フラッシュバック
わるびれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/06/21 07:06
移管
お昼寝の時間でなければ だれかしら いたように思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/06/20 23:27
うさぎだい!
うさぎだい! おでかけの帰り 新しくできたアンテナショップでみつけた へんてこうさぎ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/06/17 08:26
新月、か・・・
まじないの効かぬ、夜かよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/06/15 09:50
マイ・はなぞの
マイ・はなぞの ひさっしぶりに、本棚の前に陣取って、いたくごきげん。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

2007/06/11 13:58
「落葉松」
「落葉松」 小学生のころ、ルーズリーフの手帳に 好きな詩を書きためていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/07 21:03
仕事帰り
仕事帰り えっちらおっちら 坂をのぼってきたら 頭の上が にぎやかでした。 (クリックしていただくと、大きな画像に移ります) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/06/07 10:23
そして 一歩
そして 一歩 6月1日、『おけさ恋うた』で演奏するすべての曲が、あがってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/06/06 09:04
コマンダンテ -COMANDANTE-
たった30時間のインタビューで作られたという。 その30時間のために、どれほどの時間、準備、折衝、人的資産が投入されたか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2007/06/04 09:50
鞄のなかみ
いつだって 重い、重いと・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/05/31 10:53
「ボラット」
たしかに、観にいきたいと主張しましたが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/05/28 18:30
「水仙月の四日」
宮沢賢治といったら やはり 「注文の多い料理店」でしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/28 11:07
iTuneStore で
きょう、iTuneStoreで Podcast の登録をしてみようと思い立ちました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/24 18:06
とおれないやんか
待ちに待った古典大系のご到着。 ところが、ね・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 12

2007/05/22 10:18
目の敵にしないで
いつもは 閑(しずか)な公園が 人いきれであふれ  はちきれんばかりのごみ袋・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/22 00:36
「夢十夜」より
一昨年、はじめて 「音楽と朗読による宮沢賢治〜カイロ団長」を終えて 次の題材を打ち合わせたとき。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/18 08:14
「こわれゆく世界の中で」
原題  "Breaking And Entering" ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0

2007/05/14 18:35
PLAY BACH
*旅行鞄へしのばせるムジカ 〜第21夜〜 (たぶん) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/14 17:41
LEGACY
「かまどの灰までいただくつもりで」 と諭す年上のお友達に、 「明日、離婚したら関係ないものに、ふりまわされるのはごめん」 と言い切って、悶着と無縁。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/14 14:14
ライラック
うちの、シンボル・ツリーなんですけどね。 ていれをまちがえたというか あげく、ほったらかしたのがたたって 花をつけなくなっていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/05/11 10:04
「たそがれどき」  北原白秋
かえりたいと 思ったところに かえれるかどうかは わからない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/10 20:39
「寄生蟹のうた」 〜やどかりのうた〜 萩原朔太郎
朔太郎というと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/07 23:04
ふねは・・・
そりゃ、なんといっても 氷川丸 さね! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/05/05 18:24
「フランドル」
カンヌ・グランプリ受賞。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/05 13:24
なんどでも
よく、カラダで覚えるたちの人がいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/05 12:05
ナワバリ
ドアを開けて  わが家に 招じ入れられたお客さんは まず 玄関にはみだした本箱と対面することになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/04 23:48
「おけさ恋うた」 〜音楽と朗読・コンチェルトへのプロローグ〜
第7回コンサート・コーモドの日程が決まりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/04 11:22
まぼろしの庭(續)
すばらしいお庭があった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/01 07:16
幻の庭
昔 住んでいた浜寺の庭には 蔓薔薇が隣との境のフェンスを覆い ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/01 05:58
「こねこ」
ここのところ、いろんなねこちゃんが登場したところで、 一押しのネコ映画のご紹介といきましょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2007/04/26 00:09
「ツォツイ」
封切後すぐ観たにも関わらず、何も書かなかったのは、 連れとの感想がまっぷたつにわれたせいでもある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/25 22:05
さくちゃん
萩原朔太郎を読もうと思い立った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/04/22 17:18
「お富の貞操」   芥川龍之介
いまどき、義務うんぬんという時代錯誤の議論に便乗するわけではない、 と前置きして。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/13 21:25
「魂を鎮める歌」     立原道造
未知の野を 白い百合でみたすがいい 果たされずに過ぎた約束が もう充されやうもない ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/11 21:50
すゞはらひ
 くず〜ぃ、おはらいっ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/11 06:49
ピアノ協奏曲第2番ハ短調 作品18 〜ラフマニノフ〜
千秋とミルヒ(注:のだめアニメ版)のおかげで、ラフマニノフに目覚めたわが娘。 「CD、ある?」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/31 23:14
モーツァルト物語 W
「わっ」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 2

2007/03/24 19:03
「かばん(BlogPet)」について
「かばん(BlogPet)」について ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/09 09:40
DVD化を待っている映画
「八月の鯨」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2007/03/09 08:44
ラジオ体操
朗読をする、声を出すために 歌うのもいいウォーミング・アップだなと考えた。 そのために、 身体も温めなきゃ。 ラジオ体操のFMPファイルをダウンロードしてみたり ラジオから直エンコードしてみたり。 まんぞくできずに、結局 CDを取り寄せた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 12

2007/03/09 08:20
「ルワンダの涙」
原題 "Shooting Dogs"       ー――Based on a true story. ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 11

2007/03/02 12:52
リングと麦酒
WOWWOWで、「ロード・オブ・ザ・リング」の一挙放映をしているそうです。 こんなものがあるのを、思い出しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/02/28 09:36
まりぃのうた Revised
まりぃのうた  Revised ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/02/27 22:25
まりぃのうた
まりぃのうた ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/25 18:17
to Forest
何年かまえの いまごろ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/21 08:29
ばばばい〜まどんなたちの〜
姿勢が よくなった。(ような気がする) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/20 22:52
ゆめは 途中
本は読むし CDは聴く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/20 21:17
じゃーにー 〜センチ めげたる〜
音楽はダウンロードの時代といいながら、 恩恵にあずかることはあまりない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2007/02/20 21:15
あさき はるに
きょう ふと思えること。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2007/02/18 11:46
風の記憶
風の記憶 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 7 / トラックバック 2 / コメント 5

2007/02/16 09:31
ヴァレンタイン
Kさんの指は、とても大きい。 ふくふくとして、キーボードからはみ出してしまいそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/02/14 08:31
あなたになら言える秘密のこと
正直、この邦題はなんとかならないかと・・・ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 5 / コメント 4

2007/02/12 07:18
君をのせて
わたしは母からピアノを弾く歓びをあたえられた。 母は、弾きたくてもできなかったから 娘のためにこつこつとお金を積み立てて ピアノを買ってくれた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 5

2007/02/09 14:52
セッション <2> 
金曜の(2/2)朝。 メールをあけると 曲のつづきが届いてました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

2007/02/06 22:21
あい らぶ ぺこちゃん
バレンタインデー(ヴァレンタインじゃないのが日本らしい?)も間近。 ハートチョコをみつけたので、うちの男性陣にと買ってきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/02/01 18:54
海綿
以前は とにかく 出社しなければという 戒を 守った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/01 09:49
交差
たしか 宮部みゆきさんが、ブレイブ・ストーリーの試写会で涙ぐんでいたと 隣席に座っていた京極夏彦氏が書いていた気がする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/02/01 08:39
セッション <1> 参加
いつもなにげなく通り過ぎてしまうショーウィンドウ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 7

2007/01/30 08:28
ラ・フォリア
コレルリ編曲 ラ・フォリア  (音楽之友社「新しいバイオリン教本」 5より) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/01/30 01:02
「ルーマニア民族舞曲」 バルトーク
バルトーク作 ルーマニア民族舞曲 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2007/01/28 23:41
コンチェルト 5 トルコ風 T
モーツァルト作 ヴァイオリンコンチェルト 5 K219 より  第一楽章 Allegro aperto カデンツァ: Satz ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1

2007/01/27 01:01
寄り道
ひょんなことから また 新しいブログを登録してしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/01/26 01:22
ヴィターリ シャコンヌ
ヴィターリ作 シャコンヌ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2007/01/23 00:15
「春」よ。 こい
きのうは、この冬はじめての雪が舞いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

2007/01/21 10:46
12時間耐久レース?
に、参加しています。 うちの家族が、ですが・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 10

2007/01/07 21:21
「父親たちの星条旗」 「硫黄島からの手紙」
"Flags of Our Fathers" & "Letters from Iwou Jima" ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 3

2007/01/05 09:50
始動
本年もよろしくお願いいたします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/01/04 09:34
その向う
闇と 火と。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/01/01 20:51
ファイナル!
トリをとれる奏者、また演目は 何かがちがう・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/12/31 17:39
「青ひげ公の城」 (バルトーク)
お芋の皮をむいたり、ゆりねをみがいたり。 暮は、こまごまとした手仕事が目白押しだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2006/12/30 18:13
お〜風呂 in で♪
これを聴くと・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/12/26 10:15
イヴのあとに
いつも秋に行われるヴァイオリンの発表会。 ことしは、諸事情が重なったとかで 初のクリスマス・イヴ・コンサートとなった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2006/12/25 19:50
六条の哀しみ
紫式部という人は 知性の塊であったのはいうまでもないが、 同時に反骨の人でもあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/12/14 09:34
氷川丸へ
今月25日で閉業する氷川丸へ行ってきました。 いつでも行けると思うからなかなか行けない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 9

2006/12/11 01:45
こひうた
モーツァルトが逝ってから 二年目の今日が来た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2006/12/10 04:02
おたまじゃくし
年の瀬もつまってきてるのに (本人の、歳のセもね) おうたの練習・・・などと言い出して、娘をあきれさせる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

2006/12/09 13:05
はいやとーほー
Macをお持ちの方は、ご存知かもしれないのだが・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2006/12/08 09:33
「指環」
秋の初め。 三年ぶりに訪れたCD店で、 暮れになると「指環」のDVDが安くなるという情報を仕入れていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/12/08 08:24
きみのなかに流れる時は   ―kazu君―
きみのなかに ながれるときは きっと 琥珀の育つ時間 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2006/12/05 19:45
はじめからいた子
まだ ととのわない新居に はこびこまれた ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/12/05 08:29
「武士の一分」
ここのところ、藤沢周平の映画化が続いている。 若手の、華のある俳優さんが演じているのだが いぶし銀のような味わいの作品と思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 15 / コメント 4

2006/12/04 14:51
「真珠採り」
かつて、実家にはドラム式?というのだろうか、 オーブンの中で洗濯物が上下に回転するようなタイプの洗濯機があった。 病弱の母のために 父が発売になったとたん、買ったものだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

2006/12/01 09:02
おとなのピアノ
年代ものワインだって 30年をこえると数が減るそうな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 19

2006/11/26 13:33
「冰を凝視む」 〜3〜
短歌の在庫は、これで終わりです。 後ろがない。 となれば、まえにすすめるかしら。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 5

2006/11/24 00:54
「冰を凝視む」 〜2〜
もともとは 時系列にならべていたのですが。 わかりやすいものを、ということで 編みなおしたのが 1。 それを流用したので、時間の流れはちがうのですが これはこれで流れ始めたのもふしぎなものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2006/11/23 23:45
さっそく
壊れました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 13

2006/11/22 12:20
「みさきぶえ」 抄
無季俳句というのか、川柳とよぶのかあるいは一行詩であるのか。 子育てに追われて、ぎりぎり頭の中に覚えておくことが可能だった長さでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/11/22 02:17
「冰を凝視む」   〜ひをみつむ〜 1
在庫整理のようなものですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 10

2006/11/19 10:52
「おとづれ」 〜 ピアノ協奏曲ロ短調によせる
著作権にふれないものを読むかということで もっとも手っ取り早いのは自作。 お目当てのものは見つからず、 かわりにこんなものがでてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/11/18 02:54
「水色の反響」
毒食わば皿まで・・・じゃないですけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 47

2006/11/17 00:52
「糸車」
30年以上前、友人と作った曲です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 72

2006/11/14 13:58
男の言葉 をみなのうた
伝えるべき言葉を  朗読という手段を通じて発信しようとするとき ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

2006/11/13 00:16
「時代屋の女房」
日曜日はアイロンがけの日。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/11/12 22:34
「きらいなこのなまえを」 その後
ようやく・・・湖底より浮上してまいりましたので、続きを。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 7

2006/11/10 14:41
「草の想い」
iTS(iTunes Store)で曲を探しているのだが これがなかなかみつからない。 より多くのニーズを満たすべく選曲されているのだから いたしかたないというべきか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 13

2006/11/06 18:11
「サラバンド」
イングマール・ベルイマン。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 10 / コメント 7

2006/11/03 22:13
「ミサ曲ロ短調」
*旅行鞄へしのばせるムジカ 〜第20夜〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 19

2006/11/01 23:02
きらいな子の名まえを
「クラスできらいなこのなまえを書き出しなさい」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 5

2006/11/01 09:05
「フーガの技法」
*旅行鞄へしのばせるムジカ 〜第19夜〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2006/10/30 08:57
「動物と子どもたちの詩」
*旅行鞄へしのばせるムジカ 〜第18夜〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2006/10/29 22:36
「アルト・ラプソディ」
近所のクリーニング屋さんが とつぜん閉店となって ワイシャツのアイロンがけがもどってきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 7

2006/10/28 09:55
機会を奪われて
履修単位不足問題。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/10/28 08:49
音楽とむすぶ言葉
iPodを買うことにした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 14

2006/10/27 09:24
「この手に大地を」
*旅行鞄へしのばせるムジカ 〜第17夜〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2006/10/24 00:37
秋の O・TO・DU・RE
たてつづけに3台のパソコンが停止する 未曾有の事態におそわれた九月。 秋来ぬと・・・の古歌が実感されたひと月だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/21 11:14
かわいがってもらうのよ
修理不能の烙印を押されたぱそのかわりを お嫁入りさせることになった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/10/21 02:00
老体 ご帰還
もう 見切っていい、と考えていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/10/20 08:36
「R-09」 見参!
べつに、Rolandのまわしものではないんですけどね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 19

2006/10/15 09:10
100回のおまじない
小学生のころ、IQ検査があり その結果をみんな知りたがった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/10/13 09:40
「魔笛」
*旅行鞄へしのばせるムジカ 〜第15夜〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/10/06 14:41
「反体制の芸術」
+++むすめに伝える50冊の本〜10 〜+++ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/06 01:29
「ヴァイオリン・ソナタ第三番」 ブラームス
*旅行鞄へしのばせるムジカ 〜第14夜〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/10/05 14:05
「死刑台のメロディ」 La Ballata di Sacco e Vanzetti
*旅行鞄へしのばせるムジカ 〜第13夜〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/10/03 12:32
「鶴彬句集」
むすめに伝える50冊の本〜9〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/02 20:05
「ピアノ・コンチェルトbQ」 ブラームス
*旅行鞄へしのばせるムジカ 〜第12夜〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/10/02 12:27
「若い娘」〜「めぐり逢う朝」より
*旅行鞄へしのばせるムジカ 〜第11夜〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2006/10/02 11:53
「アンナ・カレーニナ」
+++むすめに伝える50冊の本〜8〜+++ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/29 09:04
みあやまる
街で ピンク色のスエタアを着た方を見かけた。 見覚えのある横顔 ああ、Uちゃんだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/09/29 07:56
「シャコンヌ」 ヴィターリ
*旅行鞄へしのばせるムジカ 〜第10夜〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2006/09/26 17:28
「たんぽぽサラダ」
*旅行鞄へしのばせるムジカ 〜第9夜〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/09/25 07:42
「2つのヴァイオリンのための≪44の二重秦曲≫」バルトーク
*旅行鞄へしのばせるムジカ 〜第8夜〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3

2006/09/25 00:05
「六の宮の姫君」
+++むすめに伝える50冊の本〜7 〜+++ 芥川をすすめるのに、この選択はないのかもしれぬ。 が、もちろん ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/09/23 17:02
狼が・・・
電源供給停止。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/23 00:30
「ドイツ・レクイエム」
*旅行鞄へしのばせるムジカ 〜第7夜〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2006/09/20 21:05
取説
プリンタの取扱説明書は、メーカーのサイトからPDFファイルで入手可能だ。 紛失の場合はもちろん、購入の参考にもなる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/20 09:20
「二つのヴァイオリンのための協奏曲二短調」
*旅行鞄へしのばせるムジカ 〜第6夜〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2006/09/19 21:58
「天使のミロンガ」
*旅行鞄へしのばせるムジカ 〜第5夜〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/18 06:52
おかえり
久しぶりに わが家にピアノ曲が流れるようになった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/09/16 12:39
起動完了しました
考えてみれば、どうしてこのひとことが呈示されないのだろう。 待ちきれず起動途中でクリックしてしまい、 ますます遅らせたり、 じれてなんどもクリックし、とうとうフリーズの憂き目にあったり・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/14 06:34
「他人の血」
+++むすめに伝える50冊の本〜6 〜+++ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/13 21:24
「スコットランド幻想曲」
*旅行鞄へしのばせるムジカ 〜第2夜〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/09/13 09:55
バッハ「無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータ」
*旅行鞄へしのばせるムジカ 〜第1夜〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/09/12 22:17
*旅行鞄へしのばせるムジカ 〜前夜〜
何処へと 問うなかれ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/12 08:41
「ブザンソン・ラスト・リサイタル」
リパッティ。 グリーグのピアノ・コンチェルトを買おうと思っていながら ずっと先延ばしになっていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2006/09/11 22:33
「和泉式部歌集」「和泉式部日記」
+++むすめに伝える50冊の本〜5 〜+++ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/08 06:30
「エミリ・ブロンテ詩集」「嵐が丘」
+++むすめに伝える50冊の本〜 4〜+++ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/09/07 09:21
「わがひとに與ふる哀歌」「反響」
+++むすめに伝える50冊の本〜3 〜+++ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/06 17:54
ゲド・ヒステリー
ジブリ制作の「ゲド戦記」については、原作者の見解も発表されたことであるし、話題も漸次終息していくのではないかと考えている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/04 08:57
ブログという名のあやうさ
最近、あちこちのブログで大がかりなメンテがあいついでいる。 増え続けるブログ人口の対応に追われ、 またユーザーを取り込む千載一遇の好機と、各社浮き足立つのは想像に難くない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/08/20 07:31
「ブレイブ・ストーリー」
導入そして幕切れともに、呼吸よく 仕上げられています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/14 13:00
「嫌われ松子の一生」
何が一番心に残ったかというと。(ネタバレあり) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

2006/08/07 09:41
「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」
前作よりも格段にパワーアップしたというのが見終わっての感想。 文句なく、面白いといえる作品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/08/07 09:10
「サイレント・ヒル」
予告編の、雪が舞うシーン(と思いきや、それは燃え続ける街の灰が降りそそいでいたのですが)につられて観にいきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/08/07 08:33
ジブリアニメ版「ゲド戦記」
たとえばアニメしか見ないで育つと、こういうものの見方しかできなくなるのではないかというひとつの集大成である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 12 / コメント 2

2006/08/07 06:04
「セクシュアル・レボリューション 文化革命における性」
+++むすめに伝える50冊の本〜2 〜+++ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/20 06:47
「重力と恩寵」「根を持つこと」
+++むすめに伝える50冊の本〜1 〜+++ シモーヌ・ヴェイユ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/07/20 06:18
+++むすめに伝える50冊の本〜序文 〜+++
べつに、娘と限るわけではないけれど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/20 05:53
ご来会のお礼
第六回コンサートコーモドはハプニングもなく無事終了いたしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/19 11:08
音がしょぼい
楽譜作成ソフトSibeliusの支援で(?) なんとか譜を追えるようになり、一件落着かと思われたのですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/01 07:54
譜が読めない!!
笑いごとではない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/29 14:55
音階の練習
てっとりばやく 何かをやりたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/22 09:40
ジブリ版「ゲド戦記」予告編を見て
ジブリでアニメ化のニュースを聞いて以来 懼れていたことが、現実になりつつある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/20 00:08
「グッドナイト&グッドラック」   "Good Night, and Good Luck."
クレジットロールが果てたとき、思わず拍手したくなった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 21 / コメント 0

2006/05/16 01:06
「わたしが妹だったとき」
タイトルで、まずウッときてしまいます。 作者は、「100万回生きたねこ」の佐野洋子さん。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/12 08:40
もどり
連休のため、間のあいたリハビリへ やっとこさ 顔を出す。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/10 09:25
こっちをみて
連休中、山手線で ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/08 19:24
「戦場のアリア」 〜歴史に置き去りにされた真実の物語
原題は "JOYEUX NOËL (MERRY CHIRISTMAS)" ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 19 / コメント 0

2006/05/06 08:27
『トルクメンの装身具−シルクロードの赤い宝石』
開催されていることを知らずに訪れたポーラ美術館で予備知識なく見たのが、すばらしかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/05 02:22
PRAD美術館展
一番、すてきだなぁと思ったのは ルーベンスの『フォルトゥーナ』(運命) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/05 01:07
かげ青く
画像をクリックしていただくと、もう少し大きくなります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/03 08:01
旅にでて
したことは ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/02 17:59
マスカレード
ある方の、 「ブログって、怖くなっちゃった」 という声をおききして、ちょっと立ちどまってみたくなった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/27 11:38
コンサート・コーモドのおしらせ
ことしの「コンサート・コーモド」は、海の日、7月17日県民小ホールにて開催されます。 昨年に引き続き、歌と音楽による宮沢賢治の朗読もあります。 ことしは・・・ いっちゃってもいいのかな? 『よだかの星』の予定です。 私も、参加いたしますのでよろしかったら お誘い合わせの上、お越しくださいませ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/17 17:38
仕事場
やはり、このままではどうにもならじ・・・という状態を止揚すべく 数ヶ月のああでもないこうでもないの後、 やっと仕事場の改造が実現しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/17 14:15
「白バラの祈り」
平和をテーマにした映画は、そこそこ観てきたが、そのなかでも秀逸といっていいと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 18 / コメント 7

2006/03/26 04:06
こびとさんのおはなし
ずっと昔、何かで読んだお話です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/08 12:31
み、みを!Come back!!
ひさしぶりにみをのケージを覗いてみたら姿はなくて置手紙。 クリックしてみると、「♪TANGO♪のところに遊びにいってきます」 げげっ、外泊なんて にぃちゃんたちじゃあるまいし・・・ 『15cm』にお邪魔したら、いました、ちゃっかり。TANGOちゃんといっしょに。 あぁん・・・やふおくにうつつを抜かして、かまってやらなかったすずかがわるい! わかったから、帰ってきて!! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/03/07 12:55
二つのヴァイオリンのための協奏曲ニ短調
朝の準備を手伝って掃除機をかけていた次男と同時に、ふと手が止まる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/07 08:24
エヴァ・ワーム
ヘンデル「メサイア」 ハレルヤがかかると苦悶するアスカ。 「第九」 合唱が始まると心はそのままヘブンズ・ドアまえのカヲル君に。 ベルディの「レクイエム」で「ワァーッ」と絶叫するシンジがかぶってしまうあなたは、まちがいなくエヴァンゲリオン・ワームにやられています。≪庵野秀明/新世紀エヴァンゲリオン≫ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/02/19 08:36
ムーミンパパの手帖
恥ずかしながらこの本を読むまで、私とムーミンは食わず嫌い&味わいしらずの不幸な関係にありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/02/16 13:13
バッファロー・ソルジャーズ
「ホテル・ルワンダ」にも出演しているホアキン・フェニックス主演。 ルワンダがまっこうから語る正統派とすると、こちらは雑巾しぼりきったくらい、ひねった作品です。 邦題「戦争の始め方」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/16 12:38
よみがえれ 三コ
芥川賞をはじめ、世の小説がポルノ三昧になってしまったころ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/15 09:12
漫然と買っちゃダメ
レッスンからの帰り途、隣駅の電気屋さんでデジカメのリサーチ。 目下ターゲット上の二つの機種で、ボタンやら重みやらを確認していると、声をかけられた。 「迷いますよね」 そうですねぇと応えつつさりげなく選定中の機種をちらり。 聞けば、五年程まえに買ったデジカメを落として毀してしまったらしい。 席をはずした店員さんとの対話では、グリップ感を重要視していたようだ。 が、5万円ほどする商品選定のきめては、「前に使っていたから」。 前に使って、よかったからでも、気に入っていたからでもないらしい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/15 08:43
おまけソフトはHDのオジャマ虫
粗品進呈、というキャッチにいそいそ、お出かけする人、いませんか? いない? そうですね。いまやゴミを捨てるんだって、てまひまどころか、選別・保存の場所までいるご時勢。 わざわざ背負い込むことはありません。 ところで。 パソコンの中には、使うかどうかわからない、いやさ、役にたつかどうかさえわからないおまけソフトがわんさかはいってるってご存知ですか? いつか使うかも、というのは希望的観測。 むしろ、なまじっか持ってると思うから、ソフトにお金をおしみます。 結果、旧くて、使いにくい、機... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/15 00:46
ヴァイオリンとパソコン
へんなたとえではあるんですが、パソコンの厄介さって、ちょっとヴァイオリンに似てるなとふと思いました。 私自身は弾けませんが、機会があって、ヴァイオリンの扱いをすこしだけ見覚えています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/10 09:22
「ホテル・ルワンダ」
体調不良で延び延びになり、今日やっと観にいくことができた。 1月14日公開以来かなり混雑しているといううわさは聞いていたが、4週目をむかえても、初回立ち見が出ていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 19 / コメント 5

2006/02/06 00:02
「家族のかたち」
原題は "Once upon a time in the midlands" ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/04 16:10
大丈夫なの?
仕事柄がら宅急便、メール便を使う機会が多い。 品物の移動状況の追跡もできるようになり、なんといっても手渡しとなる宅急便のサービスは、対応の顔が見えるということで、粗略にされる可能性は低い。 心配なのは、というより困りものなのはメール便だ。 手渡しの部分を省くことにより、安価な料金設定をされていることは理解できる。 が、それはあくまでも信頼の上でのことであって、サービスの質を落とした提供であるという合意はなされていないと考えるのだが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/04 08:59
わただま飛行便
ブログをはじめたけど、最初は雲をつかむようで話題が見つからない。 そんな方のために、週いちど、お題を配信(エラそう!)します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/02/02 10:31
鬼やらい
まだ正月のなごりをとどめるころから、売り場には節分用の豆が積み上げられる。 ついでだから買っておこうと思うのに、まだいいやと思いかえすのは、駆けすぎてしまった年明け気分に、もうちょっとだけ浸っていたいためか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/02/01 11:03
それがサクセス・・・
堀江某が逮捕された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/25 11:11
歌え!ジャニス・ジョップリンのように
原題"JANIS et JOHN" こちらの方が、あってると思うんですけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/01/18 12:48
「真夜中の弥次さん喜多さん」
一人で行くのはイヤと連れていかれて以来、ずーっと悩んでいたDVDをとうとうゲットしてしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/18 09:52
パパママバイバイ
横浜市「港の見える丘公園」に寄贈された『愛の母子像』に、建立以来21年たって碑文設置が許可された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/17 23:56
名づけ
年明け、クラルテの生徒さんたちが続々とブログに船出なさっています。 ここで出くわした思いもよらぬ伏兵がなんと名づけ。 ブログのタイトルから始まって、ハンドルネーム、IDにいたる一連のネーミング作業が待っていたのです。 ふだんやりつけないことでもあり、次から次への命名に面食らった方も。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/12 23:21
「コング」 イズ グレイト!
なんでコングなの?と正直思っていました。予告編を見るまでは。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0

2006/01/09 00:40
神々との対話
松も取れましたが、初詣はもうすませられましたか? 私の産土(うぶすな)さんは、小石川の簸川(ひかわ)神社。父の生家から2分も歩かないところにあって、祖母のところに行ったときはよく寄ったものでした。 こちらに越してからは、すぐそばの春ノ木さんによく行きます。 ことしも、ご近所の友人宅での忘年会ひきつづき新年会がはねたあと、早々に破魔矢をいただいてきました。 (境内での焚き火をいたく気に入った連れあいが、帰ると言いだすまでずいぶんかかりましたが) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/08 04:19
"Charlie and the Chocolate Factory"
11月に映画を見てから本を買って、この正月休みにようやく読了。 忙しかったのもあったけれど、それほどわくわくするほどでもないというのが、こんなに時間のかかった原因かな。 にもかかわらず途中でやめなかったのは、映画との違いを確かめてみたかったから。 たいくつだぁ〜と思いつつ読み終わってどうだったかというと、 やっぱり、読んでよかった!! ダールの、らしさ。それは、ブラックといっていいと思うけど、子供向けにもちゃぁんと煎じこまれてありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2006/01/04 11:50
「ザスーラ」
去年最後に見た映画がこれ。 ブックフェアで本を買ったときから、映画化するのは知っていましたが、これをどうやって映像化するのか、興味津々でもありました。 ここまでシンプルで完成した絵本からよくやったよね、というところでしょうか。 まずは、絵本では味わえない壮大な宇宙の景観。 そして兄弟の確執と理解は、たとえお約束ではあっても、じーんとくるかどうかが大切なところです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

2006/01/04 10:47
「ある子供」
年の瀬にきて、凄い映画を見てしまった。 監督ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ。カンヌパルムドール。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 21 / コメント 5

2005/12/29 18:02
なにも足せない
娘時代、年賀状はゴム版に彫って絵の具を塗り、ばれんでこすって刷り上げたものでした。 (日本のどこかに、そのころの賀状がまだ残っているはず) 結婚してからは、デザインの作業は夫に主権が移ってしまい、こちらには補助作業しかまわってこなくなりました。 ちょこっと不満はあったものの(私だって美術は5)、べたぼれ亭主にたてつくわけもなく、その後手に入れたガリ版セットの導入により、ゴム版の時代は終了します。 夫婦ともに文芸部、また大学時代はガリ版チラシ全盛という時代のなごりで、いまや風前の灯と思われ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/26 14:10
「ギフト」
贈り物には、それをいただくいわれがあるのか、見合ったことをしたのかという思いが付きまとう一面で、受け取ることを選べないという側面も持つ。 サム・ライミ監督、ケイト・ブランシェット主演によるサスペンス系の佳作で、主人公の授かった特殊な能力は、まさにギフトの複雑な性格を象徴しているといえるだろう。 キアヌ・リーブスがイメージとは打って変わった粗暴なキャラを演じているのも印象的だったが、今回DVDでつくづく見て、共演者がすごいことにあらためて気づく。 ジョヴァンニ・リビジー、ヒラリー・スワンクを... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/22 05:24
パソコンの気絶
どこが具合が悪いか。それがつきとめられればほぼ解決への糸口がついたといってもいい。 それをしぼるのに、可能性をひとつひとつあたることになる。 それで。 たいていは、無理もないなぁーという取り扱いのすえ出現する不調であることが多い。 いってみれば熟年離婚のようなものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/18 11:58
俯瞰するまなざし
大学で学ぶべきことなど、たかがしれていると はきすてたうえで 人生に漕ぎいでていく門口で あえて身につけてもらいたいと望むことはある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/18 03:46
うさぎサラダ
今日は、モーツァルトの一周忌です。 朝から、めいめいがお線香をあげるので、あたかも宗教信者宅さながら。 終業時間まぎわ、携帯かけてきた娘の声がロールバックして・・・おっとっと。 きょうはわが家特製(?)うさぎサラダのご紹介です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/12/10 19:22
通せんぼの悪意
目の前でいきなり邪険にストップバーが突き出て、あっかんべーをする自動改札機。 うっかりして、料金不足だったならわかりますよ。 きちんと料金も足りている、乗り換えの表示に誘導されてきて、いきなり出られませんて、何? 説明を乞うた駅員は、無情にも「ここは違いますから、小田急まで引き返してください」ですと。 お宅の路線に乗る切符を買いにきたんですよ、私は! 駅員の隣にあいてる空間を尻目に、引き返しました、100m以上。 と、こんどは、小田急の構内にも入れない。気がつくと、私のような構内難民... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/28 09:23
そろそろ忘年会
昨夜、正確には日が変わってからご帰還の宅の主。 「ギモヂワルィ〜」とうめきながら寝床につっぷした。 そのまま沈没。 目撃した長男は、即刻自室にとって返し、先ごろ手に入れた愛機で、パシャッパシャッ。 ばっちり、証拠写真を押さえる。 パソコンから目だけあげた娘はひとこと、 「月曜日っからなにやってんだろね」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/22 22:14
「協奏交響曲 変ホ長調 K.364」
モーツァルトというのは、聴いているぶんにはなんだかやさしそうだが、いざ弾いてみるとなかなか曲にならない。 音程は目立つし、なにより奏者の歌ごころの格とでもいうものがあらわになってしまうのです。 世にモーツァルト弾きと呼ばれる人は多いけど、選別の過程で振り落とされた生き残り組という感もあり・・・ そのなかで、アンネ・ゾフィー・ムターは別格ではないかと思っています。 けさのFMで、「協奏交響曲変ホ長調」を聴いて、ますますその思いを強くしました。 管弦楽ロンドン・フィルハーモニー、ビオラはユ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/21 09:42
「チャーリーとチョコレート工場」
ジョニー・デップの瞳にクラッ・・・ なんだか、こんなことばかり書いていますね。 へんだと思われることは全部やってみたという結果、 デップの魅力がひときわ増したというのもおかしな話ではありますが、 あの風変わりな扮装がなんともチャーミング。 周囲の評判はたいへんよかったので、期待して見にいったのですが、ちょびっと、こけました。 Roald Dahl の作品は何ともいえない奇妙なテースト、 黄昏時のような・・・つまり善か悪かを判じかねるようなところがあるように思うのですが。 別ものな... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/11/18 10:19
「ハウルの動く城」
DVDが届いたので、さっそく再見。 国内ではおおむね好評だったと思うのに、アメリカでの評価では、「エンペラー宮崎が」などと酷評された。 ゆっくり見直してみても、「千と千尋」などと比べ、台本が雑だと思う。 あちこち、どう収束していくかわからないせりふがあって、演出でもそれを整理していると思われない。 たとえば、千尋のお父さんとお母さんがブタになってしまうのは、それなりのわけがあるわけで、異様に見えても、ちゃんと説得力がある。なぜなら、バックボーンがあるから。 でも、ハウルのほうには、それ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

2005/11/17 09:55
「阿修羅城の瞳」
気になっていて、DVDを借りてきましたら、すっかりはまってしまい、ツインパック(映画+劇場版)買いこむ体たらくです。 映画版のほうは、水の滴るような染五郎の色気と、りえちゃんがとにかくきれい、に尽きます。 怪我を負った出門の血をそっとなめるつばきをみやる染五郎の視線は、この世のものならぬ美しさと哀しさに鳥肌が立つほど。 対して、舞台版ではつばき役天海由希の圧倒的な存在感。血をなめる場面でも、知らず知らずにじみ出てしまった鬼の性がよ〜く感じられます。りえちゃんは、かなしいかな、子ネコがぴちゃ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/17 03:57
予告
仮住まいをしておりましたが、やっと形もついてまいりましたので、ホームページへ引っ越します。 どこかで見切りをつけなければ、ということでまだ完成には程遠いものの、造り続けていくことで成長するサイトを目指したいと思います。 それに伴い、こちらは気軽な雑記帖として再出発させていただきます。 ブログをはじめて、思いもかけず忘れていた世界を思い出し、のめりこむとともに自主規制をしていたところもあり、これからはもうすこし気楽に書けるかなと思っています。 新天地のURLは、こちら。  http://c... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/14 21:01
はろ、はろと鴉がないた
ちょうど。 一月ほどまえになりますか。 日曜の昼下がり、窓の外からはろ、はろと声がします。 はて。ガンダムにそこまで毒されてはいないはず。 隣の部屋から娘が 「か、からすがはろ、っていってる」 たしかに、はろだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/11/11 08:27
『空中庭園』
夫は、キョンキョンのファン。 『踊る大走査線』でも、『陰陽師』でも、ぴりっと存在感を感じさせてくれたし、 三年ぶりの主演ということだったのですが・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/06 08:20
『ホテル・ルワンダ』公開のお知らせ
たいへん遅くなりましたが、以前(八月です)配給先が決まらず、公開が危ぶまれていた映画『ホテル・ルワンダ』の上映が決まりました。 来春、東京で新春ロードショー第2弾となっているので、雪のちらつくころかもしれません。 時々、署名の人数を覗いていたのですが、とりあえず安堵です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/06 07:41
伴走
あるプロジェクトを抱えて突っ走っている。 ちょうど、去年のいまごろのように。 無謀と思われるところから始まるのが、共通点といえるかも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/10/28 03:29
おふくわけ
はつもの。 秋がきて、またあえたね。 食卓のりんごや柿、それぞれにうれしいけれど、 いかにもお待たせしました!といってやってくるのが牡蠣。 そして、みかん。 ことしは、おすそ分けで初登場です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/10/21 13:28
メッセージ〜顔〜
「虚偽メモ」問題で震撼したと思われる朝日新聞より 別刷りの 『信頼される報道のために』 が折り込まれた。 その表裏に掲載されたいわゆる各界の方々の顔写真につくづく見入ってしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/19 10:37
ネットでできること
いつのまにか、日々ネットのお世話になっている。 検索からはじまって、書籍・パソコンその他雑多なものの注文、こまぎれな時間の合間をぬってすませることがいかに多いことか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/19 09:19
失くしもの
めったに物をなくしません。 片付けものは不得手でも、おおむね消息はつかんでいるので、必要とあれば召喚されてきます。 ですから。 時おり、忽然と姿を消してしまうものがあると、困惑します。 むきになって捜索し、それでも見つからないとなって ・・・一瞬だけ、意識を通り過ぎるものがあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/12 21:36
不純な動機
体調をくずされてお休みになる生徒さんが続いた。 即生活に響くわけだが、それよりも精神的にこたえてまいった。 おまじないのように、会えば別れるのが当然と唱えるのだが、ダメ。いきなり落ち込む。 何とかせねば。 ということで、おざなりだった営業に活を入れることにした。 (ずっと気にかかっていたポスターとちらしを作っただけだが) 下準備をして、生徒さんにお目にかかるのも大事だが、 さらりとまたねと言えるのもきっと大事。 動機としては不純でも、ピンとくるならがんばれる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/06 12:34
抑えるもの
言いたいこと言わずに呑みこんで生きてきました。 といっても、え〜っ、どこがといわれるのが落ちでしょうね。 そう、言わなくたってたぶん顔に出る。 おなかの中まで変えてるわけではないのですから。 むしろ、頑としてゆずらないという姿勢を強硬にし、無理したぶん何かしらの反動を招いているはずです。 でも、抑制した。(つもり) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/06 10:05
たまごやき
母のたまごやきは絶品で、いわゆるだしまきではなく、100%卵で焼き上げます。 父も、もちろん大好物で、実家に行ったときなど、 「おばあちゃんのたまごやきは最高なんだよ、ほら、食べてみろ」と孫に勧めます。 子どもたちももちろん、にこにこご馳走になります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/06 08:22
弱気になるとき
先日から、銅のゆきひらを買うかどうかで堂々巡りをしている。 もとをたどれば、使いづらかったフォンデュー鍋を処分したことから。 遠いご縁でいただいた結婚祝いだった。 チーズ・フォンデュという料理が流行ったころで、 とうとう食卓にデビューすることなく、十年以上かさばり続けてセットは解体された。 鍋だけは残したのだが、デザイン優先の設計によるせいか、とにかく使いにくい。 それでも、加熱の速さからたまにお出ましねがっていたのだが。 とうとう、空焚きをしてしまった。 厄介払いができたのもつ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/03 13:06
ポカのあったとき
何事にもミスはつきものと認識する。 大人としてわきまえる基本だと思うのですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/03 10:03
バーティミアス  "THE BARTIMAEUS”
有隣堂の洋書フェアで手に入れた『サマルカンドの秘宝』 "The Amulet of Samarkando" さらっと目にはいったTrilogy ≪三部作≫Tの文字が気にならないわけではなかったのですが、値引き幅が大きいのにつられて買ってしまいました。 それが出会い。 たよりない英語力でどこまでわかってるかは別として、あぶなっかしい少年と魔神のコンビから目が離せなくなって。 いばってるわりにポカやったり、見えないはずがみえみえだったり。 ひねてるだけかと思うと、たまにまっとうなこと言って... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/30 16:25
鏡のなかの迷宮
著者カイ・マイヤーの略歴をみると、ジャーナリストとして働いた数年があるそうです。 訳者の遠山明子さんも書かれていましたが、物語のなかの≪光る石≫が、力を及ぼしたもの、そうでなかったものを解く鍵=視点が、ここにあるのかなとふと感じました。 分厚い三冊に、しっかり、仕事を邪魔されて。 主人公メルレと旅をする女性とのかけあいがおかしい。 ちょうど、『バーティミアス』の独白部分を読んでいるような、軽快で、うふっとしちゃう感覚です。が。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/09/30 10:31
肩書き
ただ、名乗ればいいだけでないことはわかっている。 何らかのかたちで 世に認められたということなのだ。 にもかかわらず、見合った価値が生まれないというのは。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/09/30 07:19
ぐらんぱ〜GRANPA〜
ジョン・バーニンガム。 この方は、私にとって、マタタビのような方で、ついふらふら買いたくなってしまう、たいへん危険な絵本作家です。 そのなかでも、くぅーっと胸をわしづかみにされるのがこれ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/09/29 00:59
亡国のイージス
「たそがれ清兵衛」以来、ゴシップは切り離すことにした真田広之めあてで、おっかなびっくり出かけました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/09/26 08:27
何に払うか
たいへん、直截ちょくせつな言い方ですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/09/25 00:38
石と笛
ハリー・ポッターのヒット以来、海外作品がぞくぞく翻訳され、また実力家作家も参入して大賑わいのファンタジー分野ですが、中身はお寒いというのが実情ではないでしょうか。 な〜んで!ロールプレイングストーリーを、膨れ上がった翻訳文体で読まなあかんの!? というわけで、鳴り物入りで出版された本も最後までつきあいきれず、閉じること多数にのぼります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/22 08:47
ルパン
ちょ、ちょっと、えぇ〜っ?? フランス制作というのに惹かれて、見にいきましたが、画面にアルセーヌ・リュパンの俤おもかげはありませなんだ。 キャラクターといい、しぐさといい、ルパン三世の実写版という感じでしょうか。 そりゃ、たしかに「スリル、スピード、アクション」と、銘打ってはいましたが。 ここまで日本のアニメの影響力をみせつけられると・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 2

2005/09/22 07:22
悪女
よせばいいのにと思うのに、縁を切れない。 人間だけじゃない。ノラだってそうだ。 たかが野良猫。されど、野良猫。 意思を持って生きている。 そんな性格の悪い猫、 かまってどうすんだよ。 けど。 魅かれる。 似てるからか、似てないからか。 現在なのか、過去なのか。 呼びさまし からみつかれて ・・・・・・・・・ 人のことなんか、言えないか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/21 12:12
風をつかんで
すいこみやすさ、というのがあるみたいです。 お教えしていて、「そう、それが、」とすらすら取り込まれてゆくのは、物覚えのよさでも、熱心さでもない。 たぶん、苦労した経験です。 こうやりたい、ああできないかと試行錯誤したから、すんなりのみこめる。 下地ができていたということです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/18 14:26
ネットで図書館
来月から、横浜市立図書館蔵書の予約がネットでできるそうです。 9月21日(水)からパスワード登録受付開始、10月12日(水)から実施の予定。 予約申込をするために、図書館までいく必要がなくなるので、本を手にするまでのスパンが短くなるかなと期待しています。 隔週で図書館に通う生活パターンが、ざっと十年。 それ以前は三週間ごとに県立図書館に通っていました。 子どもたちを連れて行った・・・いえ、一緒に行ってくれた時代があったということですね。 かかりつけのお医者さまにお会いし、先方から会釈... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/18 12:37
駄々っ子
だれのところにも いるのに いないふりをして ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/09/17 08:04
浄められた夜
毎朝、FMから流れるバロックで目を覚ます。 結婚以来のわが家の習慣だ。 続いてのクラシック番組でいろいろな演奏者、そして曲を知った。 聞きのがしたときは、NHKに電話をかけて、教えてもらう。 電話に出た人はいつも親切に調べてくれた。 おかげで、ほしいCDを手に入れられたことは数知れない。 演奏者によって、同じ曲がまったくちがうものになってしまう。 定評のある名盤だといっても、最初のインパクトを覆すとは限らない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/09/16 09:31
懼れ ―おそれ―
膠着した状況にはまり込んで、にっちもさっちも行かないとき 見切りをつけて、そこから出る 喪うものがあっても、すでに望むものは得られないと 判断したのだから ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/16 06:35
モーツァルト物語V
うさぎは平気になりましたが、ほかのものの匂いには敏感になったのですから、勝手なものです。 とんだハプニングを乗り越えて、ようやく命名にまでこぎつけました。 ほんとうは、ギリシア神話からとって、ダフネ君と心づもりしていましたが、 「ヴァイオリン弾いてると、なんだかよろこんでるぞ。モーツァルトにしたら」 というひとことがひっかかって、とうとう“ダッくん”はお蔵行きに。 あれから、子どもたちが弾くモーツァルトの曲を何回、うさぎは聴いたでしょうか。 ことに、あのときの協奏曲5番トルコ風は、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/09/15 15:03
モーツァルト物語U
元はといえば、でぶちゃんが死んだことがきっかけでした。 丹頂という、おでこに赤いこぶたんのある白いりゅうきんでした。 ベランダという苛酷な環境にも適応して元気でいたのに、引越し後、病気になってしまったのです。 今でも、ガラスの向こうからこちらをみていたでぶちゃんの瞳が忘れられません。 でぶちゃんが死んで、病気の引き金だったかもしれない新入り金魚があっというまに全滅したあと。 でぶちゃんを買ったペットショップに出かけていきました。 おっとりした、気立てのおおらかなきんぎょに、また会い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/15 11:36
手 燭
ひとに ものなど教え 知らぬまに つけあがる 自分を  みのがす ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/15 09:43
めろんの憂鬱
あるところに、めろんパンの国がありました。 ますくめろんパン、ゆうばりめろんパンと、いろんなめろんパンが一緒に住んでいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/14 19:20
珈琲の味
この夏の暑さは異常というか、異常に躰にこたえ、紅茶好きのわたしも朝からコーヒーをたてる日が続きました。 毎日のむとなると、味も気になってくるのがなりゆきで。 いろいろ、店を変えてみるのですが、コーヒーって、なかなかおいしいのにめぐりあえませんね。 よかった、この店ならOKと思うのに、次回買うとはずれということがままあります。 新鮮さなのかな。 仕入れのタイミングという運に左右されるというのが、たどりついた諦観。 なので、店に行ってとも考えましたが、知る限り、専門店は閉店です。 時代... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/14 09:06
ウィスキー
なぜ人は、カメラの前で微笑むのだろう。 なぜ 笑顔をよそおうのだろう、合言葉まできめて。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 1

2005/09/12 11:00
またね
人とめぐり遇う仕事は また ひとと別離わかれるしごと ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/12 09:27
にんじん哀歌
うさがいたときは、三日にあげずの八百屋通い。 しゅんの葉物を山てこ買って、家族みんなで分け合った。 あの日から。 まだ、なっぱを買っていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/11 11:54
月の森に、カミよ眠れ
個人的には、女用心棒バルサの活躍する守り人シリーズがお気に入りで、新刊が出るたび読みついで来ました。 もう若くはない短槍使い。人と違う稼業はもちろんわけありで、生半可なまはんかな運命ではないことが、巻を追うにつれてわかってきます。 とつとつとした語り口だった作者が、しだいに変わってゆくのもまたここちよく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/09/09 18:35
お披露目
おそまきながら、みをの素性をひとくさり。 これはBlog Petといって、画面の中でクリックをしますと、寄ってきて言葉をしゃべってくれます。 みをがかってに言葉をつむいでいるわけではなく、このブログのなかで、書かれた言葉をなんらかの基準で選んで、返してくれるようになっています。 自分で創りだしているわけではないということで、「人口無能」というのだそうです。 じつは、おしゃべりするだけでなく、自分のブログに投稿する機能もあるのですが、ウェブリブログは対応してませんので、みをからのコメント... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/09/09 08:46
精霊の島
原題"Devil's Island"。 監督はF.T.フリドリクソン、1996年アイスランドの映画です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/08 20:33
伴奏者
フランクのヴァイオリンソナタ。 ヴァイオリンはもちろん、ごひいきのカントロフなのだが 第一楽章半ば ピアノだけになるところで、思わず なんと美しい調べなのだろうと ため息をついてしまった。 へたをすると 泥臭くなってしまうあの独特の主題を、 洗練された造形に変えてしまうヴァイオリン。 それはいつものことなのだが、一度聴いてしまうと、 それ以外にはありえないとさえ思えてくる。 そういった天才と組んでなお、さしみのつまにならない ルヴィエの凄すごさをあらためて知った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/09/07 01:54
モーツァルト物語
不思議なヤツでした。 寝ているところを見たことがありません。 たった、一度だけ。 母が泊りにきたとき、「この子、絶対ねないんだよ」といってるそばでぐぅぐぅうやってたまげましたが。 9年間のうちで、ただ一度だけでした。 以後、母が来ることもなく。 次にみんなのまえで目を閉じたあとは、二度と開くことはありませんでした。 眠くないわけでは・・・なかったのです。 舟を漕ぎそうになっても、がんばってがんばって。 ふるふるふるふる、眠気とたたかっているのです。 とって喰いやしないよと言い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/03 18:46
免許とパソコン
なんのこっちゃ?と思われる方は、最近ハローワークのお世話にならずにすんでいるのかもしれませんね。 求職の際、必要とされる経験や資格の欄には、だいたいハンで押したようにパソコン(ワード、エクセル)と普通免許のふたつが記載されています。 即戦力、ということで研修にかけるコストをカットする狙いもあるのでしょうが、それだけではないような気がします。 企業の規模が大きくなればなるほど作業は分担されて、極端な話、入力さえしていれば業務に支障をきたさないこともままあることです。 運転免許は、とにかく便... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/02 19:16
旅する心に
京都御所の見学に行きました。 春と秋の一般公開だけでなく、コースに申し込んで予約をすればOK。 ガイドさんの説明つきで、無料です。 郵送だとかなり前から日程が確定していないといけないので、ネットからの手続きが便利です。(希望日の4日前午前中) 台風の直撃をまぬかれて、無事参観できたのですが、伊藤游の「えんの松原」や、「鬼の橋」が彷彿ほうふつとし、興味深いものがありました。 作風は、きれいな日本語で書かれていて、登場人物は自由闊達に活躍しますが、無理がない。久しぶりに、いい作家を見つけた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/01 09:11
ベルヴィル・ランデブー
一度きいたら忘れられない、トリプレット(三つ子)の歌うテーマ曲。 DVDが発売されてあらためて見ましたが、まずは毒てんこ盛りのオードブルから始まります。 かなり辛口ですが、これがずっと続くわけではありませんので(たまに、でるけど)ご安心を。 ビスコンティの『山猫』を観にいったとき、なんだろうと思ったのがそもそもの出合いです。 最前の毒気や、デフォルメされたキャラクター(奇をてらったのではなく、必然だったのでしょうね)の底にあるのは、おばあちゃんの、孫への熱い熱い思いです。 不憫、という... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/08/18 18:53
帰ってきたの?
世の中はお盆。 ならば、いくら薄情なやつでも帰ってくるかしれないと、話していた。 レタスとブロッコリーとスパゲティ。 でも、夢にも出てこんものなぁ。 途がわかんないのかもしれないし。 かさ、と音がした。 ような気がした。 そうだね、 やっぱり覗きにきてたんだと あいつのことを みなおした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/08/16 19:52
ホテル・ルワンダ
いいお友達を持つということは、たんに楽しいだけでなく、感化されることもいっぱいあるし、身近なお手本として、魔法の鏡を持つようなものですね。 そしてまた、いい話の伝達元ともなってくれます。(あ、儲け話ではありませんので、あしからず) 知っていれば手をかせたのにとか、そんなことやってる人がいるんだ、とか・・・ もろもろの、世界への扉です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2005/08/16 17:09
年中無休ということ
お盆休みから帰られる方がピークですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/16 10:39
いっしょに いこうよ
およそからきたフォークならびは、順番の公平感で支持され、いまや暗黙の公衆ルールになっています。 それよりすこしあとに広まったエスカレーターの片側ならびですが、利用するたび感じる疑問に、いまだなじむことができません。 設置場所がデパートですとか、すいている時間帯についてのことではありません。念のため。 が、電車が着いて、お客さんがどっとホームに降り立ちます。 うっかり右側に立って、後ろから文句を言われないよう、左側にえんえんと列がのびていきます。 エスカレーター付近渋滞のため、並びたい側... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/29 09:31
やまいをまねく
物語でさえ、紡ぎだされるときには、作者の意図しない展開をするとか。 生きてあることは、何の約束もない旅。 それでも、ひとはさまざまな予定をいれて人生の時間を切りとっていきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/26 11:09
あかいキャラバンシューズ
くつがどんなに大事なものか、山を歩くと身にしみます。 途はどんな気まぐれをおこしているかしれないし。 で、オミソで参加の娘にもキャラバンシューズを奮発することになりました。 小さいのからふたつめのサイズだったけれど、中はぶかぶか。 このくつをはいてつごう三度、鳥海山を訪れることになります。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2005/07/21 03:21
ライフ イズ ミラクル
あのクストリッツァの新作ということで、炎暑の銀座に足を運んだ。 期待を裏切らず、怒涛のごときストーリー展開。だれることがなく、長尺であることをみじんも感じさせない。 内乱を扱っているにもかかわらず、クストリッツァは決して、これでもかという悲惨を描かない。 恐れ入りました、戦争だからね、平和はいいよね。などという短絡的な解決を許さない。 映画の中で描かれる悪は日常的で、ありふれている。死もまたあっけなく、特別なものではない。 これは遠い国の不幸なお話なのではなく、自らの中で容易に置き換え... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 0

2005/07/19 17:28
とどめはゲド
子どもができたら童謡で育て、昔話もいっぱい読みきかせて・・・と思ったときもあったのですが。 いざふたを開けてみれば、ピアノとヴァイオリンのお蔭で西洋音階は訓練されたものの、和旋律はかなりあやしげ。 読みきかせのほうは、たった一晩で廃業してしまいました。(ちゃんと聞いてないし) 以来、息子たちは本に読みふける親の後姿を見てすごし、なんだか勝手にまねています。 指輪物語、ウォーターシップダウン、アリスそして999・・・共有するものがたりは数々あれど、なんといってもわが家のランク第一位はゲド。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/09 16:21
ブックフェアこぼれ話
ご本がいっぱい。 ネット注文と図書館利用に明け暮れる毎日ですが、やはりこれはネコにかつぶし状態。 で。 さんざん悩んだすえ買って帰って家族の大好評を博したのが、Andy Rileyの "The Book of Bunny Suicides"と、"Return of the Bunny Suicides" 英語が読めなくても、ぜ〜んぜん平気。ただし、ユーモアは必要です。 「なんなの、これ!?」と口走りつつ、どこかとぉ〜いところで、身につまされる。(かもしれない) イギリス人じゃなきゃ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/08 10:57
東京国際ブックフェアぷちれぽーと
車でしか行ったことのない東京ビッグサイト、ゆりかもめにはじめて乗りました。 運転は無人、東京湾をめぐるビューといい、荷棚がないことといい、なんだか遊園地のトレインみたい。 仕事に直結ということで、まず目がいくのがAdobeのデジタルパブリッシングのブース。 意外に高齢の方の見学が多いと感じました。 こういった人が流れている場所でのプレゼンテーション、発表者の人選には、主催者側の見識を如実にみてとれます。 足を止めさせるひとこと、それはプロのアナウンサーの喋りではない。 現場の重みを... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/08 09:31
自分をみつめる
友人に「まだパソコン習いにいってるの?3ヶ月も行けば十分じゃない!」と、いわれたとおっしゃる生徒さんがいらっしゃいます。 言外に<ものずきね>とか、<覚えが悪いんじゃない>というコメントを感じるのですが、はたしてそうなのでしょうか。 この仕事をしていてつくづく感じることは、かなりの専門知識や経験を持った方であっても、必ずしもすべてを把握しているわけではない、ということです。 習いに行かなくても、自分でできる。それは、たぶんそうだと思います。ただ、誰でもそうかというと、実情はなかなか難しいの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/07 09:12
星のなまえ
同じように在る と みえたけど ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/06/28 19:30
JUNE MOON
みをがはねたりねころがったりしているうえで、おつきさまが早くもスリムになり始めていますが、海の向こう側では、満月がとっても大きく見えたのですって。(BBC) June Moon dazzles skywatchers ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/24 00:37
損をしないで
せっかくのチャンスなのに、みすみす逃してしまう。心当たりのあるかた、いませんか? 『しくじった』『迷って決められなかった』 いいえ、そういうことのせいなら、機会はまためぐってくるかもしれません。 けれど、二度とめぐり合えない場合もあります。 自分自身で踏みにじったときは。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/20 06:37
背負うもののつばさ
迷いの森というものがあるなら、そこからぬけられずにいた何年かがあった。 子育ての闇だったのか、おのづから凝こごる病みか。 持ちこたえねばならぬものの意味におののき 先も見えずあたりの黝くろさと同化するばかりの時間とき。 ただ 担いきれぬものを与えられるはずはないと だれもが己が背丈の影を背負うのだと ちいさなまじないをかけて。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/18 08:53
せとうさぎ
野菜をあらうにつけ、果物をむくにつけ、もういないうさぎを思い出してほろっときます。 雨の降りそぼつ昼下がり、チャイムの音にでてみると、ご近所の友人でした。 「九州のおみやげ」といって手渡されたつつみは、ちいさくて、かるくて・・・ 古伊万里のかおりのするうささんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/16 16:35
はかせクン―電子辞書LOVE―
携帯とともに、もう手放せないもののひとつ。 いつもバッグの中にはいっています。(コンパクトも持ってないのに) もう、広辞苑や漢和の重さにわずらわされることがない! あの小さい文字に四苦八苦することもない! あいまいな領域をひとつでも減らせる、ハエタタキみたいなもんです。 選ぶときは、値段につられず、自分にあったレベルの英語辞書を探すこと。 もちろん、キータッチと、画面の好き嫌い、検索速度の許容範囲と、サイズも大事。 パーソナルなものですからね。 買っただけ、という人はたぶん辞書... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/16 07:40
INTEROP ぷちれぽーと
幕張メッセ、展示会に行ってきました。 ざっくりいって企業に向けてのプレゼンですから、いま、世の中の視点がどこに向いているかを知ることができるわけです。 で、ユビキタスも若干あったものの、会場はほぼセキュリティで埋めつくされた感じでした。 裏返していえば、セキュリティがビジネスになるということであり、さらにいえば、まだまだ概念が一般のものになっていない。根付いていないから、意識の格差にすごい隔たりが生じている。 システムや機器の導入もさることながら、個々人の認識にコンセンサスがなければ、絵... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/10 14:12
みちづれ
ブックカバーをあつらえに行った先で、帰りぎわにご主人が見せてくださったものです。 乗車中の、きっぷの指定席。 なぜか娘とでかけると、切符が行方不明になり、大騒ぎをします。 一人のときはそうでもないのに。 同行者に気をとられるのか、あるいはタガが緩むのか・・・ と、いうことで、切符のしまい場所には毎回難儀をしています。 この切符ホルダーで、改札まえのまいご探しがなくなればいいな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2005/06/08 18:13
なびに携わるものとして
おもしろい!といわれたときほど嬉しいことはありません。 お教えしているのですから、「できてよかった」「できるようになった」というのは当然射程内です。 でも、パソコンというのはあくまでも道具。 使いこなす技術というのはたんなる習得に過ぎません。 おもしろい、というのはパソコンを使って、これをしよう、あれをやりたいというあなたの中の声に気づいたということです。 パソコンは、小さなあなたの分身。 気難しく、メンテも必要で、これとつきあっていくうえで<考える>ことを放棄することはできません... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/08 09:16
アポロンの矢
クラルテのロゴがほしいと、つれあいに相談しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/07 00:32
パソコンは、あなたのかがみ
ただの機械といってしまえばそれまでですが、実は、パソコンにあなたの素顔が投影されているのですよ、といったらびっくりなさるでしょうか。 今までなんともなかったのに、いきなりぱったり、というマシンをお預かりしました。 買ったままの状態で、すでに五年が経過していました。 生きているものだけでなく、道具の上にも時は経過してゆきます。 そして、パソコンという製品には、とりわけ残酷に時間が早く過ぎて行くのです。 いつまでも生きていると思っていたペットが、ある日いなくなってしまうように、目には見えな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/03 17:54
大人になること
仕事を受けるとき、余裕をみて期限を決めますが、たいがいすぐに着手します。 ふだんやりつけない場合は、ことに。 めどがついた時点で、一度手をとめます。 二、三日ちがうことをやりながら、心のどこかで別の切り口をトレースする。 あるいは、距離をおいて視点を変えてみる。 いつでも電話をかけられるのだけれど、見落としがあるかもしれない。 そのためのスペースです。 それでも、ミスはある――― 次はない、という耳元のささやきのためばかりではなく 失敗をも包括した行為の責任をとるとは、たぶん ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/24 22:48
うさこちゃん
おかおがやさしい、てづくりのうさこちゃん。 モーツァル兎がいなくなってさびしいわが家にやってきてくれました。 СПАСИБО!麗さま。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/16 16:14
硝子のひこーき
まだ、あることが起きるまえ、夫と訪れた場所でこれを見つけた。 そのときは別のことに気をとられていて、そのままになってしまった。 三年ぶりに出遭い、まよわず連れて帰った。 空の色にすいこまれてしまうひこーきくん。 きみはどこに翔んでいくんだね。 きみに載っけたこころは重くはないよね。 きみの背負っていく記憶は きっと他人にはみえないんだよね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/16 11:29
隣りあうひと
つらいこと、いやなことに遭わずにすむなら、それに超したことはない。 選べることではないにしろ、すき好んでそんな目にあいたくはない。 災難やトラブルとかちあわないように、ちょっとだけ伏目になって生きている。 少しだけ、焦点のあわせ方を遅くして、キャッチを減らして生きていく。 私の中には、そういう自分が視える。 それでも、ときどき逃げられないときがある。 試されるときであり、 自身と向き合うときであり、 決さなければならないとき。 はだかの自分を見るときでもある。 けれど。 ふ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/13 11:27
シュレッダーの効用
注文していたシュレッダーが、夫の休みに届いた。ごそごそ。ごそごそ。ぶーん。「またお母さんのおもちゃが増えた」横目でみていた相棒が一言、「無駄遣いです」ふーんだ。内心、まったくだと同意する部分があり、聞こえないふりをした。 「個人の家庭で、処理しなくちゃならない情報なんて、そんなないんだから」というのが彼の言い分で、まさにそのとおり。「またごみをふやして!」トドメまでさされた。 しかし。新たなるごみは、あまり稼動はしないかわり、徐々にほかのごみを駆逐しつつある。より正確にいうと、すみずみに堆積... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2005/05/10 15:50
なんでもない日ではない日
アリスのティーパーティーで、”なんでもない日バンザイ!”なのは、お誕生日ではないのに、うかれているからで、バースディが特別な日であることに変わりはない。歳を重ねてくると、それとはまた違った意味でたいした感慨も持たなくなってきたが、今年はちょっと違った。 仕事の形態を変えたことで、仕事の意味も変わり、ひいてはみずからに禁じていたさまざまの可能性を解きほぐすことになった。多少古びていようが、そんなことをブレーキにするような禁忌もすでに解除した。そして、ちいさな発信をはじめたとき、古い古い友から、『... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/10 09:04
選択のつけ
尼崎脱線事故で、脱線を防ぐ装置が未設置との報道があった。存続を第一義に運営される私企業で、採算に合わないとの見地から設置が見送られたことは、容易に察しがつく。結果、喪われた人命と悲しみの取り返しのつかなさを(無理矢理)別におくと仮定して、地域社会と企業自体にもまた甚大な損失を引き起こした。 運転状況の仔細な調査がすでに始まっている。運転士の資質はもとより、経営のジャッジも含めた企業の体質にも言及されることだろう。そして、私たちは既視感につきあたる。人為的ミス。さまざまな不備を誰でもない、人が補... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/27 10:39
スピリット・びたみん
勤めていたころ月曜日というのはご多分にもれずブルーマンデーで、勤務先に着くまで、頭痛・吐き気に悩まされていました。 ふと気づくと、今の生活にはそれがない。 それはないのですが、週の最初の生徒さんにお会いすると、ほっとする。 次々にお会いする方々との時間のなかで、なんだか胸にしこっていたものが、ぬぐわれていく気がする。 そんな繰り返しを経て、つくづく、自分はこの方たちによって生かされているのだなと感じます。 かつて、大企業に勤めていた頃に得られなかったものの在り処を、ようやく探しあてたの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/21 07:46
ダブルクリックが苦手
パソコンをはじめて、まず突き当たるハードルが、マウス操作です。パソコンを操作するという作業には、<知的な>というイメージを持たれがちなのですが、まずは、クリックとドラッグに慣れることから始まります。が、これがなかなかの曲者。ヴァイオリンやピアノの練習が幼児から始まるのと同じように、年齢の低いほど、なじむのがらくです。つまり、お年を召した方ほどハンディを背負っていらっしゃるので、思わぬ伏兵にとまどうかもしれません。 手はリラックスしてマウスをかるく握り、左ボタンは人差し指、右ボタンは中指を使いま... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/04/21 05:58
プロであること
プロフェッショナルをアピールするとき、そこには無意識のうちにかっこいいもの、えらいものであるという暗黙の了解を前提とする。職業であると主張することは、当然ながら、成就されるべき結果への期待とそれに対する責任を負う。しかしながら現在のように職が流動的である時代において、つまり、世襲であることを求められない時代、また、企業の倒産によってあっけなくキャリアが無効になる時代、また素人がいきなり参入でき得る時代において、業として、対価を得ることの意味は、かつてなく相対的でもある。収入の有無は、プロとしての... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/18 18:43
アドヴァイスにご用心
些細なことだから、その場にいた人に訊く。わざわざ電話をかけて煩わせることでもない、ということはよくあります。売り場の人や、設定に来た人なら、間違いはないというのが自然な心理でしょう。ですが、そのアドヴァイスに従ったばかりに損してしまった方を何人も見てきました。そこから読み取れるのは、パソコンに関する情報の更新が非常に速いこと、またフィールド=守備範囲が広いということです。どのような次元からなされた発言であるのかを見極めることが、ひとつのポイントになると思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/14 08:08
スケアクロウ
5年前、DVDが出始めたことにより、わが家の映画コレクション熱が俄然高まりました。今では、ほしいものはほとんど手元にそろったのですが、それでも、辛抱強くリリースを待っているものがあります。そのひとつが、アル・パチーノとジーン・ハックマンの≪スケアクロウ≫。ワーナーなのだから、得意の安売りをやってくれればいいのに(それでなくても、買います!)どうして出ないのかな。 アル・パチーノは、≪ゴッド・ファーザー≫という大作がありますが、非の打ちどころのないはまり役という感じです。いろんな役をこなすジーン... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/04/14 06:46
いやにならない秘訣
面倒なことは続かなくなります。無駄なことはいやになります。どこかに無理があると、流れが止まり、そこによどみができてしまいます。 ごみの分別が開始されてよかったと思うのは、家の中にたまっていた資源ごみが動き始めたことです。回収の場所までの距離が長すぎて、不定期だったものがともかくも定期になったこと。リサイクルのパイプが細くて、判断を保留しがちだったものがジャッジしやすくなったこと。要するに、これまでは、リサイクルが個人の努力に頼る部分が多すぎたのだなぁと。 居間にあるプラスチック用のごみばこは... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/14 05:56
ごみの分別収集が始まりました
プラスチックごみがこんなにも多いのだということを、いまさらながら思い知らされた一週間でした。週に一度の回収なので、かさばることを予想し、はじめはベランダにおくつもりでした。が、実際やってみると、分別する回数の多さに、これは続かないこと早くも予感。プラスチックごみの発生する現場である居間と台所にプラ用ごみばこを移動しました。もともと、いま家庭用品売り場で売られている、いかにものタイプでなく、きっちりふたの閉まるボックスであったことが幸いしました。現在、家族の動線はこのごみばこの位置をもとに仕切り... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/04/09 19:23
お誕生日プレゼント
銀婚式も過ぎた相棒。ここ数年、プレゼントも手抜きになっていました。 書店で見かけて、「欲しいけど…」と迷っていた大きな図鑑を、ネットで注文しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/08 10:37
月の兎は啼かない?
管理人のすずかです。先代の楽兎モーツァルトが月に帰ってはや三月。音信もなく、むこうで友達ができたのかどうか。四月になって、あたらしく みをがやってきました。このこは、おはなしをするうさぎなので、いっしょにぱそこんなびのお仕事をしていくことにしました。堅い話ばかりではみをが飽きてしまうので、時には航路のさきざきで出遭ったお話もするつもりです。フレ、フレ、 みを!いっぱいお話できるようになろうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/04/06 01:37

トップへ | みんなの「エッセイ」ブログ


Amazonへ


MIWOのレタスなLOGBOOK エッセイのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる